「ラスト・レクチャー」ランディ・パウシュ

8月暦では
  なんと もう”立秋”ですって


夏バテ防止に 効きめがあると

評判の^^ ”初心者ブログアフィリエイト”keiです。


  今回!!強烈にガッリ気合い入れ!! 

あなたに この夏最高の
   夢の成功のこころを  愛  命 をお伝えいたします。


あなたはどんな成功を どんな人生を夢見ていますか?
そして  その時間は?どれだけ有ると信じていますか?


時間は・・・・あなたの命の長さ  = 人生
     と あらためて考えたことは有りますか?





07年8月 膵臓がん 余命3〜6カ月と告知されながら・・・・・
07年9月「ラスト・レクチャー」はカーネギーメロン大で行われ
先日 08年7月25日、 彼 教授は47歳の短い生涯を終えました。


全米600万人が涙した
彼の「ラスト・レクチャー」から、
         印象的なことばを引用させて頂きます。

★Don’t complain. Just work harder.
不満を言わず、ただ、一生懸命にやろう。


★Be good at something, it makes you valuable.
何か得意なことをもつことによって、あなたの価値が高まる。


★And be prepared.
Luck is truly where preparation meets opportunity.
そして、準備をすること。
幸運は、準備と機会が出会った時にこそ生まれるのだ。


★Find the best in everybody.
You might have to wait a long time,
sometimes years, but people will show you their good side.
Just keep waiting no matter how long it takes.
全ての人の中にある、いい所を探そう。
皆が素晴らしいものを持っているのだということを知るのに
時に、何年もかかるかも知れないが、例えどんなに
長く時間がかかろうと、待ち続けよう。


そして聞きたいあなたのために Youtubeにアップされている
「最後の授業」の紹介動画を探しましたので紹介しますねぇ

ランディ・パウシュの「ラスト・レクチャー」全米600万人が涙した、
2007年9月18日、ペンシルベニア州ピッツバーグ。

カーネギーメロン大学の講堂で、
1人の教授が「最後の授業」=「ラスト・レクチャー」を行った。

彼の名はランディ・パウシュ。46歳。
バーチャルリアリティの第一人者と称される人物です。


ランディ・パウシュの「最後の授業」1
ランディ・パウシュの最後の授業1
現実は変えられません。
だから現実の受止め方を変えるのです。
配られたカードを変えることはできない。
変えられるのは、そのカードでどのようにプレイするかだけだ。
インスピレーションと夢見る力は無限なのです。


ランディ・パウシュの最後の授業2
フットボールは何人でする?
11人対11人です。
そのうち一度にボールを触れるのは何人?  

1人です。
残り21人が何をすればいいのかを考える。    
基礎練習・基本・基本・基本
経験とは 求めていたものが手に入らなかった時に手に入るもの。


ランディ・パウシュの最後の授業3
ディズニーのイマジニア 無重力の方が よっぽど簡単でしたよ・・・
夢に向かって進むとレンガの壁にぶつかります。

しかし壁があるのは夢に対する思いの強さを証明するためなのです。
思いが弱い人はここで止まってしまう。


ランディ・パウシュの最後の授業4
二人とも返事は「分からない。」しかしその言い方は大違いでした。
言い方で印象はガラッと変わってしまいます。

初めて夢を手助けできた相手はたった一人

もっと効率よくできないだろうか?
大勢の夢を叶えようと始めたのが
カーネギーメロン大学での講演
バーチャル世界の創造(BVR)でした。


ランディ・パウシュの最後の授業5
人を喜ばせる気持ち これを知る機会を与えることは最高の贈り物


ランディ・パウシュの最後の授業6
作品の良し悪しを決めるのはなんでしょう?
チーム仲が良ければ作品も良いのです。

先を行く者は背中を矢で射られます。
しかしそれに耐え、失敗を乗り越え・・・・

ETC”夢を実現させる工場”普通の大学なら
話しすら聞いてもらえず この機会は失われていたでしょう・・・


ランディ・パウシュの最後の授業7
何かを覚えさせるには、別のことをさせるべし。
夢の実現に欠かせない要素とはなんでしょうか?
親、教師、生徒

楽しむこと それは魚が水の大切さを語るようなもの
僕にとって当然なことだし
なしでは生きれない 残された日々 楽しみながら


ランディ・パウシュの最後の授業8
好奇心を忘れないこと 生きる原動力になります。

誰かの助けは必要です。助けを得るには自分も誰かを助けること。
正直に真面目に生きること。
僕はかっこいいより、真面目な人を重んじます。
信頼できるから。

失敗したら謝ること。人の気持ちを思いやること。


ランディ・パウシュの最後の授業9
レンガの壁があっても 夢の実現を諦めてはいけません。
・自分の得意なことをみつける
・一生懸命に仕事をする
・人の一番いいところを探すこと
・準備を怠らず、機会を逃さないこと
正しく生きれば人生の歯車が回って 夢は実現します。


ランディ・パウシュ名誉基金
URL情報も最後にでてます。



ランディ・パウシュの「最後の授業」の講演のダイジェストと言っていいかもしれません。この講義を前編見ると約90分なので^^ 


詳しく読みたい方はココから購入できます。
ただ・・・在庫確認していません。人気がスゴイ状態ですねぇペン
最後の授業 DVD付版




今回
長かった お付き合いありがとうございます♪


では
暑い日々  元気に 人生 多くにチャレンジ頑張れそう
  

^^無理せずに 乗り切ろう   kei
この記事へのコメント
はじめまして^^
通りすがりにお邪魔させて頂きました^^ 応援ポチッ!!
夏バテには気をつけて下さいね☆
宜しければ私のところにも遊びに来てくださいね♪
Posted by @音三昧 at 2008年08月09日 19:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104352260
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック