7年前"はやぶさカプセル"帰還 ご無事に!

こんばんは、keiです。

"はやぶさ"帰還 カプセル分身

カウントダウンやっています間に合うかな?

オーストラリアのウーメラ砂漠へ帰還

世界の話題は はやぶさカプセル
宇宙の小惑星から採取し意識不明の時期ありで
帰還が数年遅れていた はやぶさが今から  

素晴らしい瞬間を見たい!
世界の注目、日本国内より人気 高!!らしい

毎日新聞から
「はやぶさ」はどんな旅をしてきたの?


人類初の小惑星の岩石採取に挑んだ宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ」が13日夜、地球に帰還する。03年5月の打ち上げから約7年、総航行距離約60億キロにも及ぶ長い旅・・・・・

A 7週間くらいは意識がなかったみたい。そのうち太陽電池に太陽が当たり始めて発電が始まったんだ。その時、地球からぼくを呼ぶ声が聞こえた。ぼくは必死に応えたよ。その返事に「うすださん」が気付いてくれて、交信が復活したんだ。
・・・・・・・
A ぼくは13日午後7時50分ごろ(日本時間)、地球から約7万キロの高さでカプセルを切り離す。カプセルは大気圏に突入して、最高約1万〜2万度の熱にさらされるけれど、特製の断熱材が中身を守ってくれるんだ。真夜中に、オーストラリア南部のウーメラ砂漠に着地する予定だよ。

 Q カプセルに何か入っていてほしいね。

 A 小惑星には、太陽系ができた約46億年前の姿がそのまま残っていると言われているので、もしイトカワの砂を分析できれば、太陽系の歴史がもっと詳しく分かるようになるかもしれないね。

 Q 帰ってきたはやぶさ君に、直接「お疲れさま」って言いたいな。

 A ありがとう。でも、それはできないんだ。ぼくはカプセルを正確に落とすため、できるだけ地球に近づかないといけない。カプセルを切り離した後、大気圏に突入して燃え尽きてしまうんだ。ぼくは流れ星になるよ。・・・・・

以上
毎日新聞記事から抜粋いたしました。

amazon.co.jpで はやぶさ模型
マニアックさんへ惑星探査機 はやぶさ

流れ星になる・・・さびしい

今 超人気のはやぶさ模型^^!もしかしたら。。
すぐに売りきれへなるかもしれないねぇ・・・




どうぞ カプセル無事を祈る!

kei
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック