断・捨・離と相見積もり

断・捨・離と相見積もり


断・捨・離 静かな交渉 があった
amazonの本は・・・


最近ある引っ越し荷物に埋もれておりました。
こんにちは、お元気ですねぇ keiです。

多くの過去の産物を出すこと
断・捨・離とは なんとも体力のいることだろうと実感。

大きい声じゃ語れない おそらく そろそろ
引っ越したい願望か

5年で移動が理想に感じていた時代がありました。

10年以上同じ場所に住みだすと
知らず知らずの誇り?ホコリは思いきって捨てて

コレあるけど・・・と云われても 断っております。
なんせ コレ・アレ・ホレって感じで使わないカバン・・?
イラナイーー、勿体ないからって 

もらうと必ずいらないものだらけになってくると 
バザーに出し・・・・

そうそうパソコンやCDプレーヤーとかの
数種類については、新聞にも出てましたが、

今では公に国で回収するようになってきたため
廃品業者に出すときこんなことがありました。


その業者さん
何処からか?パソ画面の印刷物を持っており?
見せてきました。

ハードディスクは国扱いで回収後国へ出すから

3500円かかりますがどうします?
と聞いてきました。

じゃいいわ カセットプレーヤーだけで
と断りかけたら?

じゃ  ハードディスクとカセットプレーヤーで 1000円
と云ってきた??

前日に他業者に頼んでいたのでそちらにお願いします。
と答えると

じゃ 無料で今日は持っていきまいょう〜・・?


ただ?にするほど 実は世の中ではIT製品や小型電子機器は、
使えなくてもお金払わなくても

メチャクチャ喉から手が出ている 製品よねぇ
断・捨・離のなかに、立派な宝有りき!

少なくとも 言葉を活用し相見積もり(通称:相見)すれば
かなりの効果はあるわねぇ



せっかくですから国、 環境省が希少金属再利用
家電45品目のおもなもの小型電気電子機器い
数品書き出してみます。どんなものが値が付くかの情報です。

1sでの 値段 円

携帯電話       1699円
デジタルカメラ    1180円  
ICレコーダー 1156円
電子辞書      418円
CDプレーヤー   330円
カーナビゲーションシステム 239円
DVDビデオ、フォトプリンター、電卓、ACアダプター、ミキサー
電子血圧計、電気カミソリ・・・他

などの身の回りの家電製品から、金属、貴金属、レアメタルなど回収する都市鉱山の
リサイクルを促進する と先週辺りの新聞に載っていましたねぇ 

回収力が30%でも 全国で18億以上の利益がでる。
既に欧州や韓国では広く電気電子機器を対象にしたリサイクルを制度化している

日本では遅れながら始まった。、
鉱物資源の減少で取れない、輸出国側からの輸出制限の心配などから。



明日から

9月

涼しげな虫の音と共に
読書も楽しいねぇ


秋 栗が食べたいな♪



では素晴らしい時間を
kei
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック